Troublesome Reptiles  
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
さっむいさっむいサムス

質問があったので。
現在はテグーのケージはバスキングランプとUVBライト、保温球を使ってます。

NEC_0033.jpg

手前がバスキングランプ。
前までは「昼用集光型 サングロー タイトビームバスキング スポットランプ」というものの50wを使ってました。でもテグー相手だとやっぱり割れてしまうことが多く、その度に買い換えてると少々値段が高いので、
最近はホームセンターで売っている50wの集光型昼色灯を使ってます。安ければ一個100円もしないかもしれません。もし割れてしまった時にもあせらずに済むように予備もいくつか買っておくといいでしょう。

ケージのサイズは60cm×36cmのもので、自分が感じる限り、このケージサイズで75w以上を付けるのは
スペース的にも、温度的にもオーバーヒートしかねないと思いますのでやめたほうがいいです。

NEC_0034.jpg

保温球としてはひよこ電球なるものを使ってます。
具体的にはアサヒ電子の40wのものです。これにカバーをつけて、天井からぶら下げてます。
カバーは編み目になっていますので針金を通して天井の網につけてます。

自分はどちらもサーモには繋いでいないのですが、念のためにも繋いで
温度管理はしっかりとしたほうがいいと思いますね。

これで底面ヒーターとUVBライトなどもフルで点灯すると、今の時期は大体30度前後まであがります。
もっとあげたいって場合は燃えないように注意しながら蓋をしたり、周りをプチプチや発泡スチロールで
囲うのもありだと思いますね。

NEC_0035.jpg

みかんとマウスをたらふく食べて満足そう。
スポンサーサイト
2011'12'12(Mon)17:36 [ 飼育環境 ] CM1. TB0 . TOP ▲
シューシュートレイン

お久しぶりです。ネタがありません。笑

今日もまたマングローブモニターのケージをというかレイアウトをプチ改造。

PB200011.jpg

前々から言ってた棚を撤去して、木の板的なのを2つ置いてみました。
かまぼこ状って言ったら分かるかな・・。

PB200012.jpg

消灯後に蛍光灯だけつけて撮ったんです。
このブログのアクセスカウンターなんですが、2重アクセスというのがあります。
一度ここへ来たことがある人は二回目以降はカウントしないようになる仕組みですが、どうなんでしょう。
純粋なアクセス数だけを知りたいなら2重カウントはしないようにするほうがいいですよね。
でも総アクセス数を知りたいなら・・。

どうでもいいですけど、ウォークマンのスピーカーが壊れました。
左側だけ音でない・・。左右から交互に音が出る曲とかもう・・・悲しい。

PB200013.jpg

ここが一番温いエリア。

今日は自転車もいじりました。
このまえに走行中、前輪横につけてたライトがタイヤにぶつかってしまいまして、タイヤというかホイールが歪んでしまったんですよ。走ってたらブレーキに擦れてシューシュー言うんですよ。
スピードも出せなくてストレス溜まりまくり。かと言って修理も金かかるから自分で直しました。
スポークを調整するだけですけどね。ついでに磨り減ってたブレーキシューも換えました。

2011'11'20(Sun)23:54 [ 飼育環境 ] CM2. TB0 . TOP ▲
心配ナイ モンダイナイ

マングローブのケージを改造したついでにテグーの床材を変えました。

PB050001.jpg

初めはヤシガラ土を使用してましたが、土に潜ったりすることで目に負担がかかりましたので
やめて、人工芝にしてました。
しかし人工芝だと、糞などが吸収されないし見た目もイマイチ。
さらにこれからの季節は乾燥してきますし、人工芝で湿度を保つのは難しいと考えました。
なのでヤシガラのブロックにしました。

が、しかし!!
なんか思ってたよりも大きい・・。笑
もっとチップ的なものを期待してたんですけど、2cm角ほどのブロックが・・。
そんなのですから、水を吸うのも時間かかりました。
でも心配ないモンダイナイ。

PB050003.jpg

それでも潜るのには好都合なようで毎晩、潜って寝てます。

先日はチャームで購入した餌が届きました。
ピンクマウスを40匹だったかな?あと、雛鶉を70羽ほど。
雛鶉は初めて買いました。鳥系の餌は初めてだったのでどんなもんか試しに。
とにかく安いしね。
届いてみたら黒い雛がどっさり・・。良い光景だわ。
ちょっと大きめだったけどまあいいや。ちゃんと爪とか嘴もあるんですよ当たり前だけど。

普通の人に冷凍庫の中見せたら惹かれるだろうな引かれるだろうな。

2011'11'11(Fri)23:53 [ 飼育環境 ] CM2. TB0 . TOP ▲
踊りたい君の中で
日曜日は暇だったので、マングローブモニターのケージを少し改造しました。

PB050004.jpg

今まで蛍光灯はケージの中に入れていたんですが、見た目にも機能的にも悪い気がしていたんです。
過去記事を見ていただければいいんですが、ケージの中に突っ張り棚をおいてその上に蛍光灯を
置いていたんですが、あんまり意味ないとおもいまして。

ですので、今回このようにケージの上部分のプラダンを蛍光灯ぴったりのサイズに切り取って
そこにはめ込むようにしてみました。

PB060005.jpg

こんな感じになりました。今まで蛍光灯があった場所がすっきりして明るくなりました。
本当ならこの突っ張り棚も真っ直ぐの流木に変えたかったんです。でもそんないい流木がなかなかないっす!
ケージの横幅が90ありますから、そこに渡すには少なくとも90cm以上の長い流木がいりますしね。
それほどの大きさだと公園とかにも落ちてないですしね・・。
我らがホームセンターさんで探してみるか~。丸太みたいなのはあったと思うんですが・・。

PB060007.jpg

今まで蛍光灯があった場所。植物で良い感じにしてみた。やっぱりこの白い色が目立ちますな~・・。

PB060008.jpg

一応ホットスポット。

PB060009.jpg

下からみた。これがメタハラだったら一番なんですけどね・・。流石にそこまでの余裕はないです・・。

マングローブは地味なイメージがあるでしょうけど、本来ならとても美しい種ですからね。
メタハラをガンガンにあてれば綺麗な発色をします。
度々登場する、リンク先の「モニターと暮らそう」さんのダニーなんてとても綺麗に発色してますからね。






>> ReadMore
2011'11'07(Mon)23:24 [ 飼育環境 ] CM0. TB0 . TOP ▲
2灯式は重要 テストに出るかも

せっかくアカアシの広いケージつくったのに、ライトがクリップ式の奴じゃ光が行き届かない!
ということで

P9040129.jpg

じゃーん!
だいぶ前に金銭的に余裕がある間に買っておいたこの60cm水槽用ライト。

P9040130.jpg

新品の輝き!

P9040131.jpg

2灯式です。ライト本体を買う金はあっても蛍光灯自体を買う金はなかったので、爬虫類用のUVBライトとか
はいまんとこないです。

P9040132.jpg

もし爬虫類用のUVBライトを使うなら、このようにガラスカバーははずします。
UVBはガラスでかなり遮断されてしまうそうですから、これつけたままじゃ意味ねえよってことですね。


P9040133.jpg

あと、UVBライトはたとえば10.0とか、5.0とか色々種類があります。
これはその爬虫類がどんな環境に住んでいるのかによって使い方が変わります。
砂漠などに住んでいるものや、大体のリクガメ、モニター類は一番紫外線が強い10.0を使います。
熱帯雨林や森林に住んでいるものや、それほど紫外線を必要としない種には5.0を使います。
2.0は一番弱いライトです。が、紫外線が強いほど可視光線、つまり目に見える明るさが減りますので
暗く感じます。なので10.0と2.0というふうに2つ同時に使うことによって見た目の暗さを解消します。
そのために2灯式なんです。

P9040136.jpg

こちらのライトはこんな感じでコードが収納されてました。

P9040137.jpg

コードのあたりにコンセントが2つついてます。ごちゃごちゃしやすいコード周りを蛍光灯に集結させることができるそうです。

P9040139.jpg

はい、こんな感じ。本当は針金で吊り下げたかったんですが・・・。
天井部に渡した角材にこんな風に吊り下げます。

P9040138.jpg

明るくなった。

P8310126.jpg

ちなみにこれが設置前です。

P9040141.jpg
2011'09'11(Sun)23:58 [ 飼育環境 ] CM4. TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。