Troublesome Reptiles  
05≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303103/ ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
Varanus komodoensis
さあ、今日から本気を出しまして・・
なんとなく、オオトカゲつまりモニター類のことを皆さんに知っていただくために、
モニター一種ごとに解説的なものをしていこうかなと。
まあ不定期ですが。これからモニターを飼ってみようかな~という方に見てもらって、多少なりとも
役に立てればな~と。よろしくお願いします。画像は基本拾い物です・・

というわけで、
本日はやっぱりコイツなしにはオオトカゲは語れないっというような
コモドオオトカゲです!

imagesCAL066Y9.jpg
コモドオオトカゲ Varanus komodoensis

見よ!この凄まじさ!
日本でもよく知られている本種。オニオオトカゲ亜属です。

images2.jpg

全長(頭から尾の先まで)が約240~270cmくらいですかね。
体重は約50~90kgほど。最大サイズだと3m越え、体重は160kg余りと桁外れの巨大さを誇ります。
もっとも、単純な長さではハナブトオオトカゲのほうが勝っていますが・・
ハナブトよりも遥かに筋肉質でゴツイ体格をしています。オオトカゲは基本メスよりオスのほうが大きいです。
体色は基本地味~な茶色一色です。が、幼体の頃は綺麗な黄色い丸い模様があります。
幼体といっても、かなりの大きさまで「幼体」ですが。

imagesCAE00C1P.jpg

頭もかなり異質な感じです。幅があるというか。なので見ようによってはかわいくも見えます。
なんといっても足の太さですね~。地上で生活していますので、かなり足が発達していて太く逞しいです。
鋭い大きな爪で地面をしっかり踏んでのっさのっさと歩く姿がなんとも・・
まさしく恐竜のようです。

images.jpg

インドネシアのコモド島と周辺の島々に生息しています。ちなみに学名の"komodoensis"は、「コモドの」という意味です。基本的に乾燥した林に住んでいます。しかし、海岸まで出てきて海を泳いだり、人間の近くまで
寄ってくることもあります。オオトカゲってのは、基本体を温めては餌を探し、温めては探しを繰り返します。
夜になると藪の中でドテ~ッと寝ているようです。
餌は主に野生のイノシシやシカ等の大型の哺乳類を襲って食べます。死骸なんかも食べます。
ですので、口の中にはかなり細菌がいて、汚いです。

imagesCAE8KG0R.jpg
なんか、目の周りが黄色いんです。パーソンカメレオンのイエローアイみたいな感じでしょうか・・

今までは、その細菌によって噛み付かれた獲物は敗血症を起こし、死んだところを喰われる
といわれていました。
ですが、ブライアン・フライという学者がこの説を間違いだとしました。この話は結構有名です。
コモドオオトカゲの歯には毒があり、獲物の血液の凝固を妨げて失血死させているということなんです。
この毒はヘモトキシンといい、歯の間にある毒管から出るんです。
恐ろしいですね~。よく勘違いしている人がいますが、毒を出すというのは確かですが、細菌が無いわけでは
ありませんので。毒+細菌+牙の殺傷威力ということです。

また、オオトカゲや爬虫類の中でもかなり知能があるようです。
どこか忘れましたが、海外の動物園ではコモドオオトカゲの知能を使った実験もしていました。

餌のときに鐘を鳴らしておいて、鐘の音=餌と覚えさせたそうです。
他にも、数をある程度までなら数えられるようです。賢いですね~。
ありえませんが、ペットとして出回ればスペースさえあればかなりいいペットリザードになると思うんです。

imagesCA7D20IB.jpg

さらに、コモドオオトカゲは単為生殖を行うことが確認されたんです。
確か、ずっと動物園で一匹で飼われていた雌が卵を産み、子どもが孵ったとか。
同じオニオオトカゲ亜属のものも同じように単為生殖が可能なのか、孤島で独自に身につけた能力なのか。
気になりますね。

他にも、コモドオオトカゲに毒が確認されたのなら、他の種にもあるんじゃないか?と
言われ始めてます。もしあったら大変なことになりますよ。
それこそバカな行政がモニター類全種飼育禁止!!なんてことしかねません。
あいつらは大して事実確認もせずに変な法律作りますからね・・
モニター類のうち、2,3種に毒があった~で全種禁止とかなったらしゃれになんない。
少し違いますが、過去にもボアコンの例もありますし。

モニターは本当に魅力的な種です。
飼育禁止なんてことにならないようにくれぐれも逃がしたりしないようにしましょう。
もちろん、ほかの爬虫類もですよ。



スポンサーサイト
2011'08'02(Tue)22:40 [ オニオオトカゲ亜属 ] CM2. TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。